リサーチしたら見つけたこの記事。

http://bunshun.jp/articles/-/6967

タイトルもインパクトがあるので、一気に興味が湧きました。

Amazonのレビューを見ても、

独身者からは評価が高く、
既婚者からは、

「好きでなったわけではない」
「表面だけしかみてない。
家事を、子育てを、主婦をなめんなよ。」

恐ろしい。。。

ターゲットが若い女性のようで、すでに結婚して主婦をしている人には、共感を得られなかったようですね。

 

■「好きでなったわけではない」

確かに。
私も好きで専業主婦になったわけではありません。

夫に「子供が3歳までは家にいてくれ」

と言われましたから。

以前の会社まで通勤に一時間かかり
残業して帰ってくると、家事ができないことがわかり、

時間がもったいなく、
主婦が働くなら、近場がいいという気持ちになりました。

自然と専業主婦になっていき、
夫に言われたけれど、

結局は私が決めていたんです。

 

■「表面だけしかみてない。
家事を、子育てを、主婦をなめんなよ。」

表面だけしか見ていないと感じるのは、

「こんなに頑張っているのに、どうして感謝してくれないの?」

と思っているから。

私も思っていたので、結構ワガママでしょ。

 

認められたい、だけど、自分から主張するのはちょっと、、、

ワガママスタイルの専業主婦時代は、
全開だったように思います。

 

一人家の中で、モヤモヤと感じていたことや、

外に出ていけない夫からの威圧感、
これは私が勝手に感じていたことですが、

夫が稼いでくる、
私は稼いでいない現実、

家事や子育てでは貢献しているが対価がないので、
成果が思うように感じれませんでした。

 

と、ここまでは、私主婦目線でしたが、

子供目線では違った答えがあります。

この記事では、子育てが一段落してからの再就職は、
生涯所得が6000万円になると書かれてあります。

「専業主婦は2億円損をする」を読んでいませんがレビューを拝見すると、

専業主婦するより、「好きなことを仕事にしよう」という流れのようです。
(ちょっとネタバレ)

 

結婚しても働こうといわれても、

子供からみれば、外に働きに出かけてしまうと、
家の中に誰もいないと寂しいがあるんです。

私の母は、自宅で内職をしていたので、
家にいるのが普通だったし、
仕事することも自然なことでした。

寂しさも感じませんでした。

 

そう、私の母は、自宅で仕事をしていたので、

「寂しさ」を感じなかったです。

この時代、内職より外で働くという流れです。

 

私は、仕事すること=外で働く

 

自宅がすっぽり抜けていたんです。

子供の「寂しい」の一言で気づくことができましたが、

自宅で仕事できれば、一番いい!

と、ネットビジネスへの流れになってしまいました。。。

 

結婚すると、仕事をやめたり、

出産すると環境が変わり、
これまでとは同じように働けなくなります。

子供が大きくなると教育費がかかり、
家のリフォームにもお金がかかってきたり。

 

生活していると、お金がかかることばかりです。

節約して心痛めるより、
在宅で稼ぎ、自立できたほうがいいよね。

好きなことじゃ、稼げないんじゃないの?

外で働くばかりではないよね~

とレビューを読んで感じました。

 

「専業主婦が2億円損をする」

というより、

「幸福度がどれくらいか?」

だと思います。

幸せで不満なければ、専業主婦でもいいじゃない。

私は、専業主婦では物足りなかったですが。

と、ポチっとネットで購入しました。

午後からも気合い入れていきます!