刺激的な事件が起きたときに、
記事アップする前にサポートメンバーのタイトルを
添削しながら、深く掘り下げていくことを
体感してもらいました。

「記事書いて」

では、どんな思考でキーワード選定を行っていくのか?

がわからなかったようです。

今回は、事件が起きたときに、
チャットのやり取りをしながら進めることができたので、

スピードは負けておらず、

投稿してすぐに、狙ったキーワードで1ページ目に上位表示されていましたが、
まだSEOが弱いブログなので、

留まることができず、3ページ目へ、、、、

うん、これも経験ですよね!

悔しいけど、頑張ろう!

昨日は、私のブログでも
1語で即日上位表示することができ、

一時期は400人以上の方にブログに来てもらっていました。

またまた、証拠画像がないので、
申し訳ないです。。。

上位表示といっても、
1語、2語の上位表示には、アクセスにも違いがありますし、

もちろん1語での上位表示が一番アクセスを集めることができます。

テレビを見ていて、気になる有名人や犯人を検索するときって、

名前だけを入力しますよね。

年齢が気になるなら、

有名人の名前 + 年齢

だけど、誰?っていうときは、有名人の名前だけが多いです。

1語目でも2語目でも1ページ目に上位表示されていても、

ほとんどの場合、検索された結果の1位が一番見られています。
クリック率が高いということですね。

昨日の記事の順位は、

1ページ目の3位

1ページ目の7位

1ページ目の5位

と順位が上がったり、下がったりしていると、
見られている率は3位が一番良いです。

で、順位が下がるにつれて、見られなくなっていき、
クリック率も低くなるのですが、

どのくらいの違いがあるのか?
を調べたところ、こんな結果がありました。

位 45.46%
2位 15.69%
3位 10.09%
4位 5.49%
5位 5.00%
6位 3.94%
7位 2.51%
8位 2.94%
9位 1.97%
10位 2.71%

、、、

、、、、

ここまで違うと、狙うべき順位は1位。
よくって、2位か3位といったところです。

サポートメンバーには、その辺をきちんと伝えて、
上位表示するなら、1位を狙って!と
口を酸っぱくして言っているくらい、重要なことです。

上位表示させるためには、

■キーワード選定
■刺激的なタイトル構成

が必要になってきます。

キーワード選定が間違っていたら、

記事内容をしっかり書いても、読まれていないということに。

書いた記事が、
上位表示されていることをしっかり見ているかどうかなんです。

記事書いて書きっぱなしにならないように、
しっかり上位表示されているかどうか検証し、

アクセスが来ない原因を見つけることが、
報酬アップの秘訣ですよ。