ASPアフィリエイトをやり始めて、自分のコピーライティング力のなさに痛感。

コピーライティングとはなんぞや?

から始まり、いろんな本をよみあさってきましたが、

「伝え方が9割」はとてもわかりやすく、すぐに実践できる内容でした。

 

「伝え方」で9割決まる。

ASPの記事だけでなく、これからのコミュニケーションでも絶対に必要になる「伝え方」は、誰も教えてくれません。

子供にも読ませてやりたい本だと思ってしまう本です。

 

この本に書かれていたのは、「伝え方」には技術あるということ。

広告代理店のコピーライターは、センスの固まりで、思いつきでできるのだと思っていましたが、

いろんなコピーを見てきているから、たくさんの言葉の中から、広告に一番合うコピーを持ってこれるわけです。

 

言葉、コピーは思いつきでなくて、「つくる」ことができるということ。

 

相手の「ノー」を「イエス」に変える3つのステップ

ステップ1.思ったことをそのまま言葉にしない

これまで頭で思ったことをストレートに発言したり、文章にしてきましたが、それはダメだったようです。

これまでのやり方がダメだったということは、今までの方法を止めるという選択肢。

自分の頭で思ったことをそのまま口にするのはやめること。

例)宿題しなさい は×(これは私の願いだから)

 

ステップ2.相手の頭の中を想像し情報を集める

そういえば、子供にも「お母さんは、〇〇のことはよくわかっているからね」なんて言ってましたが、

子供の気持ちがわかれば、どういう言葉を言えば行動するのか?はわかりますよね。

私がやってほしいことより、相手が望んでいること、何を考えているのかなど、情報を集めます。

例)「(子供は宿題はしたくない)」

「(理由は、面倒だから、ゲームがしたいから、もっと遊びたいから)」

 

相手の頭の中を想像する7つの切り口

1.相手の気持を想像し相手の好きなことやメリットを話す
「できたてをご用意します。4分ほどお待ちいただけますか?」

2.相手の嫌いなことを回避する
これは嫌いだから、やらない選択をする。
「芝生に入らないで」 ←私のメリットでしかない
「芝生に入ると、農薬の臭いが付きます」 ←相手の嫌いなことを作り、私のお願い(芝生に入らない)をきく

3.選択する自由で比較すると決断より簡単になる
「驚くほど美味しいパスタか、石釜フォカッチャの店どちらがいい?」

4.認められたい欲
相手の「他人に認められたい」「いい顔を見せたい」という欲求を言葉にする

5.あなた限定
「あなただけ」という言葉に人は弱い。「私を必要と思ってくれる」という相手の気持ちの心を満たすことがメリット。

6.チームワーク化
相手が「面倒くさいと思っている」「やる必要性がそこまで見つからない」という場合。

7.感謝
これまでの切り口が使えないときの最終手段でもあり最大の手段。
人は、「ありがとう」といわれると、「ノー」といいずらいです。

 

ステップ3.相手のメリットと一致するお願いをつくる

相手の頭の中の情報から、「イエス」というような文章にする。

例)一緒に勉強しよう

 

 

 

簡単にまとめましたが、センスがあり、元々伝え方が上手な人はいいけれど、

・コミュニケーション力がない

・よく誤解される

・自分が思っていることが言語化できない

・思っていることが伝わらない

という方にはピッタリの本です。

 

【ありのままの自分でいい】

私がどんな風に見えるのか?

私はどんな風に見られたいのか?

 

個人が情報を発信するようになり、ありのままの素直な自分を書くことがメリットにもデメリットにもなるということを学ぶことができました。

ありのままの私を隠すことではなく、魅せ方を工夫することで、良い方向へ持ってこれるなら、ぜひやってみるべきスキルです。

 

相手あってのコミュニケーションだから、

私が嫌なことをやられたらイヤなので、相手も同じようにイヤに感じますよねw

 

相手を想うことが、自分のためになるということをしっかり肝に銘じて文章を書きます。

 

┏┓
┗■ 無料メルマガとLINE@のご案内
└─────────────────

普通の主婦吉井友紀がトレンドブログや夫婦のこと、
たまには物販のこともお話しています。

メルマガのご登録はこちらかからどうぞ♪

LINE@の登録は、こちらから♪

友だち追加


主婦・お小遣い稼ぎランキング