Invisible reCaptcha v3使い方と導入方法 v2と違いは?

新しいブログを立ち上げようと、ドメインを取得し、プラグインをいれて、

「さあ、記事かくぞー」

とワードプレスにログインしようと思ったら、

「あら?できない。。。」

となってしまいました。

 

パスワードを忘れたとか、

URLが違うとか、そんな単純なことではなくて、

あるプラグインの設定がミスった理由の一つでした。

 

Google Invisible reCaptchaの設定ミス!?

ブログを新規で立ち上げるときに、プラグインを入れますが、

この「Invisible reCaptcha」が曲者。

スパム投稿を自動的に振り分けてくれるものとして守ってくれるプラグインで有名な「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」は良く使用していましたが、

スパムコメントの投稿を防止するものではありませんでした。

Googleからも良いという評判も聞いて最近では、めっきり「Invisible reCaptcha」のほうを使っています。

 

で、設定方法でミスったみたいです。。。

 

まずは「「Invisible reCaptcha」の設定方法からお伝えしますー。

 

1.「Google Invisible reCAPTCHA」ページで設定する

「Google Invisible reCAPTCHA」は、
Googleが提供するスパムやボットによる不正操作を防止するサイトの認証システムです。

コメントやトラックバックへのスパムコメントを自動的に振り分けてくれます。

まずは、「Google Invisible reCAPTCHA」をインストールしていきましょう。

 

こちらのページから登録を行っていきます。

https://www.google.com/recaptcha/intro/index.html

右上をクリックすると、サイトの登録画面が出てきます。

とすると、この画面が出てきます。下の画像は以前のもので、勘違いをしてしまったのです。
 

現在の画像は、こちら。

 

 

違いが分かりますかね??

 

reCAPTCHA v3

reCAPTCHA   v2

 

の違いなんですね。

これまで「reCAPTCHA v2」は、ユーザーがチェックしたり、画面で信号やらお店など画像をクリックしたりしましたが、

「reCAPTCHA v3」では、それらが必要なくなりました。

なので、ここで注意点!

Choose the type of reCAPTCHA・・・2番目にチェック

のチェックを間違ってしまうと、私みたいにワードプレスにログインできなくなります。

この「2番目」のチェックは、ワードプレスにログインするときに、ログイン方法を選択できるのですが、私は、ワードプレスのパスワードを非表示だとワードプレスにログインできない設定にしてしまったのです。

 

以下が今後「「Google Invisible reCAPTCHA」で設定する方法です。

・Label・・・サイト名(日本語の場合は英字にしましょう)

・Choose the type of reCAPTCHA・・・「reCAPTCHA v3」をチェック

・Domains・・・サイトのURLを入力(https://以降のURLを記入)

・Accept the reCAPTCHA Tems of service にチェックを入れる

入力しましたら、下の「Register」をクリックします。

「サイトキー」と「シークレットキー」が表示されますので、その画面のままにしておいてください。

 

2.ワードプレスに戻り「Google Invisible reCAPTCHA」プラグインを入れる

ワードプレスに戻り、プラグイン「Google Invisible reCAPTCHA WordPress」を検索窓にいれ探し、インストールし「有効化」していきます。

ワードプレス画面メニュー>設定>Invisible reCaptcha をクリックします。

Invisible reCaptcha>Seettings

・Your Site Key ・・・ サイトキー入力

Your Secret Key ・・・シークレットキー入力

・Language ・・・Japanese(日本語)を選択

・Badge Position ・・・ バッジの表示をどこにするか?Bottom Right(右下)、Bottom left(左下)、インライン(lnline)から選ぶことができます。目立つ場所は、Inlineです。

 

<Inline>

 

「変更を保存」をクリックします。

 

 

次にWordpressの設定です。右側の「Wordpress」をクリックします。

 

すべてにチェックを入れておきます。

 

・Enable Login Form Protection   → ログインフォームの保護

・Enable Registration Form Protection → 登録フォームの保護

・Enable Comments Form Protection → コメントフォームn保護

・Enable Forgot Password Form Protection → パスワードの保護

「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

次に、contactfoamsの設定です。「Invisible reCAPTCHA WordPress」は、「contactfoam7」をサポートしていますので、チェックを入れておきます。

「変更を保存」をクリックします。これで設定は終わりです。

 

「reCAPTCHA v3」は最近導入されたみたいですので、

私みたいに間違わないようにしてくださいね。

 

┏┓
┗■ 無料メルマガとLINE@のご案内
└─────────────────

普通の主婦吉井友紀がトレンドブログや夫婦のこと、
たまには物販のこともお話しています。

メルマガのご登録はこちらかからどうぞ♪

LINE@の登録は、こちらから♪

友だち追加


主婦・お小遣い稼ぎランキング